悩みを無くす育毛ガイダンス

寿命が短い増殖因子の特徴

育毛に関する知っておきたいお役立ち情報をご紹介しています。
当サイト「悩みを無くす育毛ガイダンス」を参考にして、貴方の髪の毛の悩みを解消させてみませんか?

 

どうしても髪を早く伸ばしたいという方は、副作用のリスクも少ない育毛剤と言われているので、利用してみると良いかもしれません。 手助けを育毛剤がしてくれるかもしれませんよ。

 

真っ先にイメージチェンジをしたい時思いつくのが髪型の変更です。 しかし、一度は女性なら経験したことがある、髪の切り過ぎもあります。

 

イメージチェンジをせっかくしたのに台無しなうえ、さらにカッコ悪さに恥ずかしくて髪が早く伸びてくることを願った人も多いのではないでしょうか。

 

1カ月で約1センチ日本人の髪は伸びると言われています。 しかし、個人差が髪の伸び方はあり、早いスピードで伸びる人もいれば、残念ながらなかなか伸びない人もいます。

 

また、伸び率は気温や紫外線などの影響によっても、変わってきます。 意外と髪の成長は繊細ともいえます。

 

身体の成長を促す増殖因子というものが人間の体内にはあります。 髪が早く伸びるかどうかを決定しているとも増殖因子は言われています。

 

毛乳頭細胞という毛根付近の細胞組織でこの因子は生産されます。 そして、毛母細胞という毛髪の成長を促すと言われている細胞へ作用します。 非常に増殖因子の寿命は短いです。 加えて、さらにストレスなどによって短くなる場合もあります。

 

しっかりと増殖因子が働かなければ、残念ながら毛髪の成長はストップしてしまいます。 頭皮環境も髪が早く伸びるためには、大切ですが、毛乳頭細胞でいかに増殖因子を生産し、良い状態で維持するかが課題となります。

 

増殖因子を安定させる成分が最近の研究によって発見されました。 そして、育毛剤にも発見された成分を配合したタイプも存在します。

 

大袈裟なことではありませんが、今の世の中育毛については簡単に調べることが出来ます。
もし気になっているのでしたら育毛の専門サイトなどをご参考にしてみてください。